About Us
企業情報

Corporate Profile
プロフィール

会社概要

設立
1954(昭和29)年3月
資本金
7億6,756万2,500円(発行済株式総数 3,945,100株)
代表者
代表取締役社長 阪上正章
売上高
(2020年度) 420億円(連結)
従業員
(2020年度) 231名(連結)
事業内容
当社グループは、当社および子会社6社で構成され、一般鋼材の卸売を主な事業内容としており、当事業に関連する加工、請負工事、荷役業務も行っております。
所在地
大阪市西区九条南3丁目1番20号
TEL.06-6581-2141 FAX.06-6581-2138
取引銀行
三菱UFJ銀行、りそな銀行、商工組合中央金庫
株主名簿管理人
三菱UFJ信託銀行
関係会社
清和鋼業株式会社 、中央鋼材株式会社 、大宝鋼材株式会社、
清和サービス株式会社、サンワ鋼材株式会社、北進鋼材株式会社

沿革

1954(昭和29)年3月
大阪市西区(現在地)において、清和鋼業株式会社を設立
主として構造用鋼の販売を開始
1965(昭和40)年3月
北九州市戸畑区に九州支店を新設、鉄鋼商品の販売を開始
1970(昭和45)年11月
北九州市小倉区に倉庫を新築し、九州支店を移転
1973(昭和48)年6月
倉庫設備拡充のため、大阪市港区に三先倉庫を新築
1974(昭和49)年11月
和歌山県岩出市に和歌山店を新設、倉庫を併設のうえ鉄鋼商品の販売を開始
1977(昭和52)年12月
倉庫業営業免許取得
1979(昭和54)年5月
業容拡大と、本社の従来の倉庫の大半を整理統合の上、大阪市住之江区に南港スチールセンターを新築
1981(昭和56)年12月
能率的、合理的運営を図る目的で、倉庫荷役部門を独立させ清和倉庫株式会社(現・エスケー興産株式会社)を設立
1984(昭和59)年10月
建築工事の業務を行うため「一般建設業」許可を取得
1987(昭和62)年10月
大宝鋼材株式会社の全株式を取得し、営業戦力の増強を図る(現 連結子会社)
12月
主として、鋼材の切断加工を目的として、大阪市住之江区に南港かもめセンターを新築
1992(平成  4)年3月
北九州市若松区に大型ストックヤードを備えた事務所を新設し、九州支店を移転
1994(平成  6)年8月
倉庫荷役を専門とする、清和サービス株式会社を設立し、清和倉庫株式会社の要員及び営業権全部を譲り受ける(現 連結子会社)
1996(平成  8)年5月
本社ビル増築
12月
日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録(資本金7億3千580万円に増資)
2001(平成13)年10月
北九州市若松区に九州支店を新築移転
2003(平成15)年9月
岡山県都窪郡に岡山支店を新設、倉庫を併設のうえ鉄鋼商品の販売を開始
2004(平成16)年12月
株式会社ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場
2005(平成17)年12月
大阪市内3倉庫(三先倉庫、南港スチールセンター、南港かもめセンター)を集約し、堺市堺区に鋼材切断加工設備を備えた大型ストックヤードとして堺スチールセンターを新築
2007(平成19)年7月
経営基盤の更なる強化を図る目的で、鉄鋼流通事業会社の中央鋼材株式会社の株式74.2%(現 96.2%)を取得(現 連結子会社)
2008(平成20)年7月
純粋持株会社へ移行し、商号を「清和中央ホールディングス株式会社」に変更
会社分割により、新たに鉄鋼流通事業会社の連結子会社
「清和鋼業株式会社」を設立し、当社連結子会社は以下の通りとなる
清和鋼業株式会社(現 連結子会社)
中央鋼材株式会社(現 連結子会社) 
大宝鋼材株式会社(現 連結子会社) 
清和サービス株式会社(現 連結子会社)
2013(平成25)年2月
栃木県小山市に、中央鋼材株式会社 鉄構事業部第二工場を開設
4月
清和鋼業株式会社において、太陽光発電システムによる売電開始
11月
中央鋼材株式会社において、太陽光発電システムによる売電開始
2016(平成28)年7月
栃木県栃木市に、中央鋼材株式会社 鉄構事業部第三工場を開設
2020(令和  2)年4月
宮城県岩沼市に、中央鋼材株式会社 東北支店岩沼第四工場を開設
5月
栃木県小山市に、中央鋼材株式会社 鉄構事業部小山工場を開設

組織図

組織図

役員

代表取締役社長
阪 上 正 章
専務取締役
阪 上 恵 昭
取締役
伊 吹 哲 男
取締役
後 藤 信 三
取締役
草 野 征 夫
常勤監査役
上 山   公
監査役
岸   保 典
監査役
小 西 弘 之

2021年3月31日現在